'; ?> 血液をサラサラにする成分

血液をサラサラにする成分

血液をサラサラにする成分

なんとなく体調不良で生活習慣病?

ここでは、血液をサラサラにする効果がある成分をご紹介いたします。

 

血液中の赤血球や白血球・血小板といった成分が、毛細血管が詰まるなど、うまく流れなくなってしまうのが血液ドロドロの状態です。

 

血液がドロドロの状態になれば、

  • 血の流れが悪くなる
  • 冷え性になる
  • 肩凝りになる
  • 生活習慣病が起きやすくなる などします。

血液ドロドロを血液サラサラに

一方、血液サラサラになると、血中の白血球や赤血球や血小板 がスムーズに流れている状態をいいます。

 

では、「血液サラサラ」になる為には、食生活の改善が非常に大事です。
血液サラサラになるための、「血液サラサラ成分」を紹介します。

DHA

赤血球や細胞膜、血管壁を柔らかくするので、血液サラサラになります。余分なコレステロールも効率良く処理されます。また、血中コレステロールを抑制する働きがあります。皮下脂肪の主成分である中性脂肪の増加も抑えることができます。DHAは、アジ、サバ、イワシなどの青魚に豊富に含まれています。

ドコサヘキサエン酸(Docosahexaenoic acid、略称 DHA ): 不飽和脂肪酸のひとつです。
6つの二重結合を含む22個の炭素鎖をもつカルボン酸 (22:6) の総称ですが、通常は生体にとって重要な 4, 7, 10, 13, 16, 19 位に全てシス型の二重結合をもつ、ω-3脂肪酸に分類される化合物を指します。(wikipediaより抜粋・修正)

 

DHAは魚油に多く含まれていて、かつて日本人は日常的に魚類を食べる習慣があったことから多く摂取してきましたが、食の欧米化が進んだことから近年はその摂取が非常に減少しています。
人間については、体内では合成できないα-リノレン酸からDHAを合成します。
この為、DHAは広義においては、必須脂肪酸となります。

 

DHAは、EPAと共にサプリメントや食品添加物として用いられることも多く、共に健康増進効果があるとして、広く利用されています。

EPA

血液を固まりにくくし、血管をしなやかに、高脂血症を改善する働きがあるため、肝機能がアップします。
中性脂肪の排泄効果が促され、血液サラサラになります。アジ、サバ、イワシなどの青魚に含まれます。

エイコサペンタエン酸(eicosapentaenoic acid、EPA)またはイコサペンタエン酸(icosapentaenoic acid): ω3 脂肪酸の一つです。ごく稀にチムノドン酸(timnodonic acid)とも呼ばれることがあります。EPAは、5つのシス型二重結合をもつ20炭素のカルボン酸です。(wikipediaより抜粋・修正)

ナットウキナーゼ

納豆のネバネバ成分。血管が老化すると、血液を固める成分と溶かす成分のバランスが崩れがち。ナットウキナーゼは余分な血栓を溶かし、脳梗塞や心筋梗塞、エコノミー症候群を予防してくれる。

食物繊維

食物繊維は、第6の栄養素といわれて、近年注目されています。
食物繊維を豊富にとる食事を心がけていると、腸を隅々まできれいに掃除してくれます。
また、食物繊維はコレステロールの吸収を抑制する働きもある為、血液がサラサラになります。

硫黄化合物

硫黄化合物は、血小板の凝集を防ぐ働きをしてくれます。
タマネギやネギなどの辛味成分に豊富に含まれています。

ポリフェノール

ポリフェノールは、活性酸素に対抗する抗酸化物質のひとつです。
活性酸素を除去することで、血液をサラサラにして健康体になります。
ポリフェノールは、赤ワインやチョコレート、黒豆、お茶などに含まれています。

クエン酸・酢酸

赤血球をやわらかくし、自在に形を変えられるようにする。結果的に血流が改善。梅干や食酢などに多い。